FC2ブログ

気ままにGPSウォーク

コンパス(方位磁石)付きGPSと地図、それにデジカメを持参して気ままにウォーク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

環境と南北問題(2)

〇責任は先進国に、しかし被害は発展途上国に

「共通だが差異ある責任」という原則とは
地球温暖化の主な原因は、化石燃料の大量消費によるCO2(二酸化炭素)などの温室効果ガスの急激な増加であり、資源を浪費して大量の温室効果ガスを排出してきた先進国に、大きな責任があるといえます(下図参照)。
このようなことから、京都議定書では、「共通だが差異ある責任」という原則のもとに、先進国だけに具体的な数値目標を定めています。
一方、開発途上国は、先進国に比べると一人当たりの排出量はずっと少ないにもかかわらず、洪水や干ばつ、台風などの熱帯低気圧の増加などにより、水資源や農林水産業、住居、健康への被害など、地球温暖化の影響を直接的に受けます。特に、国土が狭く標高が低い太平洋の島国などは海面上昇による国土の水没など、より深刻な被害を受けます。
このため、開発途上国ではこれらの影響に生活を適応させていかなればなりません。開発途上国には先進国に比べ、適応や被害を回復させるための資金や技術が十分でないため、被害がより甚大になるといわれています。温暖化問題を考えるときには、このような南北問題について同時に考える必要があります。


二酸化炭素の排出割合推移

【次回】まずは先進国が削減を です

テーマ:気候変動 - ジャンル:ブログ

  1. 2008/05/17(土) 01:01:08|
  2. 環境
  3. | コメント:0
<<環境と南北問題(3) | ホーム | 環境と南北問題(1)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2カウンター

プロフィール

気ままなGPSウォークマン

Author:気ままなGPSウォークマン
気ままにGPSウォークへようこそ!
桶川市と尾瀬を拠点にボランティア活動をしている、気ままなGPSウォークマンです。

リアルタイム時計です

カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

天気予報

詳細は画面をクリック


-天気予報コム- -FC2-

BGM

BGMは、ON,OFFができます

毎日変化します。一日3文字

アクセスのたびに変化します

月別アーカイブ

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。