気ままにGPSウォーク

コンパス(方位磁石)付きGPSと地図、それにデジカメを持参して気ままにウォーク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

雪の尾瀬ー2

【中田代】中田代の西側からの5月24日の燧ケ岳です中田代の西端

【中田代】中田代の東側からの5月25日の至仏山です。このポイントは、8月から9月ごろに早朝の天空に白い虹が見えるところです。(運がよければ)
至仏山

【下田代】5月24日の下田代の雪原です。温泉小屋(北東)方向を見ています。
下田代

スポンサーサイト

テーマ:登山 - ジャンル:スポーツ

  1. 2006/05/31(水) 06:15:35|
  2. 尾瀬
  3. | コメント:0

雪の尾瀬ー1

【鳩待峠の雪】正面の雪の壁は、夏にソバナが群生する場所です。鳩待峠

【山の鼻の雪】案内板の状態から雪の深さを想像してみてください。山の鼻

テーマ:登山 - ジャンル:スポーツ

  1. 2006/05/30(火) 00:30:00|
  2. 尾瀬
  3. | コメント:0

尾瀬の記事を再開します



いまの尾瀬を「雪の尾瀬ヶ原」「水の尾瀬ヶ原」に分けて、次回からお知らせします。
尾瀬ヶ原は、いま「雪の尾瀬ヶ原」「水の尾瀬ヶ原」が混在した状態です。ミズバショウの時期はこれからですが、何箇所かは可愛いミズバショウがありました。リュウキンカと一緒に咲いている所は、見晴小屋近く、東電小屋、東電尾瀬橋の3箇所でした。
尾瀬ヶ原ビジターセンターの顔ぶれも所長を除き一新しました。10年近く尾瀬沼で活動していた北九州出身者の女性、立山の室堂一帯でグリーンパトロールで活躍していた愛知県出身の男性、など5人。顔つなぎに昨年尾瀬の花と景色を撮影してPhotoStory3を作成、DVD化したディスクを寄贈してきましたので、今度行った時の評価が楽しみです。

テーマ:登山 - ジャンル:スポーツ

  1. 2006/05/29(月) 10:22:55|
  2. 尾瀬
  3. | コメント:0

ちょっとお休みします


 5月23日の夜中から尾瀬に出かけ、帰宅は25日です。いまのところ、天気予報では24日は雨、梅雨前線の動き北の高気圧が強まることを期待して出かけます。いい写真が撮れればお見せします。
では、イザ・・・・・

テーマ:登山 - ジャンル:スポーツ

  1. 2006/05/20(土) 18:52:20|
  2. 尾瀬
  3. | コメント:0

アヤメ平ー6(最終回)

オオマルバノホロシ
 【オオマルバノホロシ(大丸葉の保呂之)】私たちは「尾瀬ナス」と呼んでいます。ナス科です。
どうでしょうか、ナスの花ににていませんか?「ホロシ」というのはナス科のツル性多年草のヒヨドリジョウゴの古名です。大きい丸葉のヒヨドリジョウゴといった意味で「大丸葉のほろし」という名がついたようです。これが、山から下りると直ぐ観られます。

オゼアザミ
 【写真】オゼアザミ
特長のある花の形ですので、すぐ判ります。花の先に出ている尖った白い部分が、雄しべです。0.25グラム(チョウチョの重さ)位の力でやさしく触って観て下さい。オゼアザミがチョウチョと勘違いして、花粉を吹く出します。チョット可哀想かな。

テーマ:登山 - ジャンル:スポーツ

  1. 2006/05/20(土) 00:10:01|
  2. 尾瀬
  3. | コメント:0

アヤメ平ー5

池塘
【富士見田代の池塘】奥の山は燧ケ岳です。
ここが竜宮小屋への登山道分岐です。この池塘の左側にその長沢新道がり、右側が富士見小屋への道で3分です。そこで休憩します。
テングクワガタ
写真】テングクワガタ
(和名:天狗鍬形 イヌノフグリと同じ仲間です。名前の由来は、実がなってからの形から)
この花は、富士見小屋の前にあります。小さい花ですが、ハクサンチドリと一緒に、負けじと咲いています。今年はどうでしょうか。
ここで休憩した後、ゆっくり山を下ります

テーマ:登山 - ジャンル:スポーツ

  1. 2006/05/19(金) 16:59:19|
  2. 登山
  3. | コメント:0

アヤメ平ー4

ミツバオウレン
【ミツバオウレン(三つ葉黄蓮)】花の先がとがっています。
丸く梅の花に似ていれば「ミツババイカオウレン(三つ葉梅花黄蓮)」です。探して見てください。

日光連山(日光白根)
【日光連山】ピークが日光白根山(左側)です。
アヤメ平と富士見小屋の間で、間近に見えます。

テーマ:登山 - ジャンル:スポーツ

  1. 2006/05/18(木) 17:03:02|
  2. 尾瀬
  3. | コメント:0

アヤメ平ー3

ウラジロヨウラク
 【ウラジロヨウラク】
横田代からアヤメ平の傾斜地には、写真のウラジロヨウラク始めツツジ科の植物が多いです。何故でしょうか。

燧ケ岳1
 【アヤメ平からの燧ケ岳】
アヤメ平には、1本のアヤメもありません。なのに何故アヤメ平なんでしょうか。アヤメ平は、キンコウカの群生地です。観られるといいですね。

テーマ:登山 - ジャンル:スポーツ

  1. 2006/05/17(水) 13:42:40|
  2. 尾瀬
  3. | コメント:0

アヤメ平ー2

【写真】イワショウブ(岩菖蒲)高山帯の湿地に生えています。
イワショウブ

【写真】景鶴山 アヤメ平ルートから見た尾瀬で初めに噴火した山
景鶴山


次回はいよいよアヤメ平です。

テーマ:登山 - ジャンル:スポーツ

  1. 2006/05/16(火) 08:30:00|
  2. 尾瀬
  3. | コメント:0

【臨時】すみません 目でご賞味下さい

春先にハチが大群でおしよせ、受粉してくれたサクランボ、無農薬です。
サクランボ
今日、我が家のサクランボ鳥より先に収穫しました。去年の怨み、許すことにして少し鳥にもおすそ分けしました。
ご近所にも、日頃の義理をこれでお返し。

テーマ:リビングスタイル・創作料理教室 「La table de Zen」 - ジャンル:グルメ

  1. 2006/05/15(月) 17:57:25|
  2. 庭の木
  3. | コメント:0

アヤメ平ー1

森林限界
【1825m森林限界】横田代の入口、森林浴と林床の高山植物が楽しめます。
横田代
横田代からの至仏山】景色もいいですし、高山植物も最高です。
7月の中旬でも今年も雪が多いので、ここではまだ春の花があります。森林限界を越えたこの地域は、ツツジ科の植物が多くなり、至仏山とは対照的な植生です。何故でしょうか。至仏山を観ながら理由をチョット考えてみるのも面白いです。
(私たちは、毎年この辺の裸地した所の植生復元をしています)
ゆっくり木道を登り、小高い山2つ越えると広いアヤメ平です。

テーマ:エアロビクス - ジャンル:スポーツ

  1. 2006/05/15(月) 11:20:32|
  2. 尾瀬
  3. | コメント:0

尾瀬 アヤメ平からの景観


明日からアヤメ平の景観を7~8回 連続して掲載します。(2004年7月28日のアヤメ平)

今年は、5月24日から尾瀬に入ります。ミズバショウの情報は帰ってからお伝えします。

テーマ:柏レイソル - ジャンル:スポーツ

  1. 2006/05/14(日) 15:55:23|
  2. 尾瀬
  3. | コメント:0

西日本の最高峰 石鎚山(1982m)

石鎚山
【土小屋 白石ロッジからの石鎚山】
2006年5月2日午前8時40分に登りました。ガスが濃くかなり危険でしたが無事帰還。
土小屋からの山の形は、人が寝そべって空を見上げている顔に似ています。鼻の部分が山頂の天狗岳です。天狗の鼻、偶然でしょうか。だだ残念なのは、この写真です。画素数不足でした。
ルンゼ
【ルンゼの雪渓】
土小屋を午前5時40分に出発して往復6時間でした。途中写真のようなルンゼの雪渓のトラバースが9箇所あり、一応アイゼンは持参しましたが、気温が高かったので使わずにすみました。
帰路は、石鎚スカイラインから黒森峠を経て面河渓(おもごけい)、道後温泉から松山空港まで車で約4時間、4月30日からの全工程の走行距離は343.9Kmでした。
これで桶川からの四国のGPSウォークは終わります。

テーマ:登山 - ジャンル:スポーツ

  1. 2006/05/13(土) 10:03:02|
  2. 登山
  3. | コメント:0

四国随一の展望の山

瓶ケ森
【瓶ケ森(1896.2m)】日本300名山
手前が男山、奥が女山(主峰)、手前の窪みが駐車場です。

氷見二千石原
【氷見二千石原(ひみにせんごくばら)】頂上直下のイシヅチササの斜面
石鎚山に行かれる方は、是非この瓶ケ森に登って観てください。遮るものがない頂上は、四国一と言われる景観です。西は石鎚山、北西は瀬戸内海と市街地そして北東は、黒森山から始まり中央構造線に沿った山々、剣山系まで展望できました。日本三大河川の一つの吉野川(194Km)の源流でもあります。

ただ寒風山トンネルから瓶ケ森林道、面河渓から黒森峠を通る場合は、必ず道路を管理している市町村の情報を確認して下さい。通れない場合が多々ありますので、注意が必要です。(ゲート時間管理、道の崩落等)

テーマ:登山 - ジャンル:スポーツ

  1. 2006/05/12(金) 21:56:28|
  2. 登山
  3. | コメント:0

瓶ケ森林道(2)

瓶ケ森スーパー林道
【写真】瓶ケ森スーパー林道
ここは愛媛県の標高1650mの瓶ケ森林道ですが、瓶ケ森スーパー林道と書いてある地図もあるくらい、遮るものがない景色のいい林道です。

テーマ:香川・愛媛・高知・徳島 - ジャンル:地域情報

  1. 2006/05/09(火) 13:59:37|
  2. 登山
  3. | コメント:0

瓶ケ森林道(1)

瓶ケ森林道

【写真】瓶ケ森の男山から瓶ケ森林道の遠望
徳島県の二重かずら橋から132Km(約4時間)、寒風山トンネル下からこの林道が始まり、石鎚山の登山口の土小屋までの間です。 そしてここは、高知県です。
奥に見えるの山の上の方に見えるのがそうです。ここを車で通りました。東側の展望が開け絶景です。山側はこの間、アケボノツツジ、ミツバヤシオツツジが咲いていました。
しかし、やはり道幅が狭く、山側が崩れて半分道を塞いでいるところ、谷側も崩落しかかっている処が何箇所かあり、ここを利用する場合は道路情報を入手する必要を感じました。(私は、剣山山頂ヒュッテで情報入手)

テーマ:高知(土佐) - ジャンル:地域情報

  1. 2006/05/09(火) 13:52:39|
  2. 登山
  3. | コメント:0

二重かずら橋

二重かずら橋

【写真】二重かずら橋(写真は下流側の男橋、上流側には女橋があります)
剣山登山口の見ノ越から祖谷川(いやがわ)に沿って7.3Km(15分)下ったところにあります。一帯が公園になっていて、野猿(やえん)やテント場がありました。
以下"二重かずら橋"について、聞いてきたこと、調べた結果をまとめてお知らせします。
二重かずら橋は、平家落人伝説が残る奥祖谷のかずら橋の、さらにその上流に架かる2本のかずら橋で、付近の山中に自生する“シラクチカズラ”で編んだ吊橋だそうです。
この「二重かずら橋」は、約800年前に源平の戦いに敗れた平家一族が、剣山、平家の馬場での訓練に通うために架設されたと言われているそうです。(現在は、カズラの芯に鉄のワイヤーが入っていました)
詳細は、東祖谷山村 産業観光課(Tel 0883-88-2893)へ問い合わせて下さい。
  1. 2006/05/08(月) 10:33:30|
  2. 観光地
  3. | コメント:0

四国の山 次郎笈(じろうぎゅう 1929m)

次郎笈

【写真】剣山からの次郎笈の展望 
この山は、剣山の南西の山で、剣山からゆっくり往復2時間で行けました。「笈(きゅう)」というのは竹で造った箱のことです。(広辞苑)これを背負って修験者がここを昔歩いたんでしょうか。そんな風景を彷彿とさせる山名ですね。そして剣山の弟分なんですかね。
花は、ショウジョウバカマがほんの数輪あっただけでした。これからのようです。もちろん展望は抜群です。
ケーナは、風が強かったので山頂ではなく、山頂ヒュッテで吹いてきました。風の効果でしょうか音色が響き渡り好評でした。

テーマ:登山 - ジャンル:スポーツ

  1. 2006/05/07(日) 01:10:50|
  2. 登山
  3. | コメント:0

西日本第二の霊峰 剣山

turugi1

【写真】次郎笈(じろうぎゅう)からの剣山(1955m)の山容
高崎線桶川駅5時36分発上野行きに乗車して、羽田から高松まで飛行機、そこから登山口の見の越までレンタカーを利用、歩くこと約2時間半でここまできます。
ササしか生えない厳しい自然の中にも、がっしりとした山態、落ち着いた雰囲気は、次郎笈に対峙する山という意味で“太郎笈”と呼ばれたことも有るようです。
今の時期、特に今年は寒かった性か、殆ど花は観られませんでした。でも展望は抜群です。日差しを遮る物がないので、夏は大変かも!!

テーマ:登山 - ジャンル:スポーツ

  1. 2006/05/06(土) 09:30:00|
  2. 登山
  3. | コメント:0

四国 二泊3日単独山行

四国

4月30日から5月2日まで、飛行機とレンタカーそして足で稼いだ単独山行の記録をシリーズでお伝えします。
一回目:剣山(2006.4.30)
二回目:次郎笈(2006.4.30)
三回目:二重かずら橋(2006.5.1)
四回目:瓶ケ森スーパー林道(2006.5.1)
五回目:瓶ケ森(2006.5.1)
六回目:石鎚山ルンゼの雪渓(2006.5.2)
七回目:石鎚山(2006.5.2)

テーマ:登山 - ジャンル:スポーツ

  1. 2006/05/05(金) 08:23:22|
  2. 登山
  3. | コメント:0

FC2カウンター

プロフィール

気ままなGPSウォークマン

Author:気ままなGPSウォークマン
気ままにGPSウォークへようこそ!
桶川市と尾瀬を拠点にボランティア活動をしている、気ままなGPSウォークマンです。

リアルタイム時計です

カレンダー

04 | 2006/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

天気予報

詳細は画面をクリック


-天気予報コム- -FC2-

BGM

BGMは、ON,OFFができます

毎日変化します。一日3文字

アクセスのたびに変化します

月別アーカイブ

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。